イズミ株式会社

2017/5/16 火曜日

特注はね上げブラケット屈曲・受部

Filed under: ブラケット類 — webizumi @ 13:24:31

室内のはね上げで【W35はね上げ柱付屈曲・受部】という支柱に取付けるタイプの金具がありますが、
壁付のはね上げで同じような使い方をしたいと相談を受け、特注ではね上げブラケット用の金具製作
しました。

s-IMG_2004

2016/12/14 水曜日

特注傾斜ベース・特注フリーブラケット

Filed under: ブラケット類 — webizumi @ 16:26:13

以前にも紹介しました、室内階段のササラ桁の上部面に支柱を立てるためのベースです。

55ミリ幅のササラ桁に納まるように製作しましたが、

階段の傾斜が47°だったため既製品のW35フリーブラケットでは

納まらず、特注のフリーブラケットも製作しました。

s-DSCF9838

s-IMG_0726

2016/11/16 水曜日

特注ベースエンドエルボ・特注壁付ブラケット

Filed under: ブラケット類 — webizumi @ 15:32:10

壁面に30mmの段差があり、壁からの出寸法を合わせるために特注のベースエンドエルボと
壁付ブラケットを製作しました。

s-16091602

s-16091603

s-IMG_6745

2016/5/16 月曜日

特注Lソケット 出幅130mm

Filed under: ブラケット類 — webizumi @ 9:16:20

L型のソケット形状で、壁から手すりの出幅を130mmにしたいという相談を受けました。

壁からの出幅が130ミリなので、強度を持たせるためにベースの幅を広くし、

ビスで4ヶ所留める仕様にしました。

s-DSCF3414

s-DSCF3415

s-DSCF3865

2016/4/18 月曜日

特注クランチ頭部付ブラケット

Filed under: ブラケット類 — webizumi @ 8:39:18

R形状のスロープに2段の手すりを取付けたいという相談を受けたので、

2段目にC35パイプキャッチャーを使い取付ける事を提案しました。

s-DSCF3551

しかし、2段目の手すりは支柱から80mmほど手前に持ち出したいとのことだったので、

クランチの頭部を組込んだブラケットを製作しました。

s-CIMG1426

2016/3/14 月曜日

特注アジャスト支柱ブラケット

Filed under: ブラケット類 — webizumi @ 16:47:05

手すりの高さが850mmを超えるため、C35アジャスト支柱ブラケットを用いて

支柱の途中で支持を取る予定でしたが、場所が狭く工具が使えないため、

踏板の上からビス固定できる特注品を製作しました。

s-DSCF4127

2016/2/19 金曜日

特注壁付傾斜ブラケット

Filed under: ブラケット類 — webizumi @ 11:14:03

壁付けの連続する手すりで、1ヶ所だけ幅23mmの手すり子にブラケットを付けなくてはならなく、

特注品を製作しました。

s-DSCF4734

その手すり子は壁より55mm奥側にあったため、出幅も115mmにしました。

2015/11/16 月曜日

特注ブラケット<壁付用>

Filed under: ブラケット類 — webizumi @ 18:03:40

階段の幅が狭く支柱を立てると人が通りにくくなるので、既存の階段の手すり子に手すりを取付けたいと

相談を受けました。

既製品のブラケットではベースサイズが大きく納まらないので特注品を製作しました。

s-DSCF4459

15mm角の手すり子に、壁付け用の特注ブラケットを付けることにしました。

手すり子への取付けは、皿ボルト・ナットで挟み込んで固定しています。

s-DSCF4460-1

2015/3/16 月曜日

特注ソケット

Filed under: ブラケット類 — webizumi @ 16:15:55

屋外の壁に手すりを付けなくてはならないが、金具を固定する場所が狭いため

既存の金具ではベースサイズが大きくて納まらないので何か方法は無いかと相談を受けました。

s-写真①

木製手すりであれば、ベース幅の狭いTソケットがありますが

屋外用にはなかったのでT型の金具を製作することとなりました。

s-写真②

以前にも別の形状の特注品をご紹介したことがありますが、L型に制作することも可能です。

2014/10/28 火曜日

特注アジャスト支柱ブラケット

Filed under: ブラケット類 — webizumi @ 11:15:50

支柱の高さが850ミリを超えるため、壁からの支持を取る必要があったのですが、

壁との距離が離れていたため、出幅が50~65ミリのC35アジャスト支柱ブラケットでは
対応できませんでした。

そこで、出幅が75~90ミリの間で調整できる特注の金具を製作しました。

s-DSCF0686

次ページへ »