イズミ株式会社

2016/10/26 水曜日

特注傾斜ベース・特注傾斜ソケット

Filed under: ベース類 — webizumi @ 16:29:56

ササラ桁に木製の化粧柱が付いていましたが、
階段の内側を回る時に体を支える柱として使えませんでした。

そこで、パイプを使ってササラ桁の上に柱を立てるために、
傾斜に合わせた特注金具を製作しました。

s-DSC03739

s-DSC03740

s-DSC03741

2016/7/16 土曜日

特注サイドアンカーベース

Filed under: ベース類 — webizumi @ 10:23:53

室内階段の壁に手すりを取付ける事ができず、階段に支柱を立てると通路の幅が狭くなるため、
ササラ桁の側面に支柱を固定させる特注のベースを製作しました。

しっかりとベースを固定させ強度を持たせるために、ビスで6ヶ所留める仕様にしました。

s-160716

2016/6/16 木曜日

特注クランチ頭部付ベース

Filed under: ベース類 — webizumi @ 17:56:19

支柱の高さをできるだけ、低くしたいと相談を受け、

既製品では納められなかったのでクランチの頭部を組込んだ

特注のベースを製作しました。

s-IMG_0045

s-IMG_0048

2015/12/17 木曜日

特注フリーエンドRベース

Filed under: ベース類 — webizumi @ 15:43:54

既存のφ32の手すり支柱に、コートシリーズの手すりを連続させたいと相談を受け

特注品を製作しました。

s-DSCF4216

2015/10/22 木曜日

特注フリーエンドベース

Filed under: ベース類 — webizumi @ 17:26:20

柱の幅が40mmだったため、既製品のC35フリーエンドベースでは納まらなく、

特注品を製作しました。

s-DSCF0148

2015/9/18 金曜日

特注敷居付ベース

Filed under: ベース類 — webizumi @ 16:35:12

床にビス固定せずに鴨居まで支柱を立ち上げたいという相談を受けました。

そこで敷居に取付けすることを考えましたが、W35アジャスト支柱ブラケットでは

強度不足のため特注品を製作することになりました。

鴨居にはW35アジャスト支柱ブラケットを使用し、

敷居は特注敷居付ベースで固定していますので、

床をビスで傷つけることなく取付けすることができました。

s-DSCF4246

2015/8/11 火曜日

特注コ型ベース

Filed under: ベース類 — webizumi @ 13:14:23

既存の金具ではベースサイズが大きくて納まらないので特注品を製作しました。

40mm角の鉄の柵に特注コ型ベースを使用しています。

しっかりとベースを固定させるため、皿ボルト・ナットで挟み込み固定します。

s-DSCF4061

2015/4/14 火曜日

特注L型ベース

Filed under: ベース類 — webizumi @ 18:38:08

今回設置した手すりは上り框の部分に特注L型ベースを使用しました。

s-t01

通常であれば、C35カバー付きアンカーベース木床用を使用するのですが、

よりしっかりさせるために特注品を製作しました。

s-t02

2015/1/15 木曜日

特注畳ベース

Filed under: ベース類 — webizumi @ 18:13:38

カタログでも既にご案内している特注畳ベースをご紹介いたします。

s-特注畳ベース①

床から鴨居まで支柱パイプを1本立てて、そこに手すりを繋げるという納め方があると思います。

床がフローリングであれば支柱を立てるためのベースをビスで固定できますが、畳だとビスが使えません。

このような時は、ベースの裏面にクギを溶接した特注畳ベースをご利用ください。

尚、本品は支柱となるパイプの上部をアジャスト支柱ブラケット等で固定する必要があります。

s-特注畳ベース②

s-特注畳ベース③

2014/12/12 金曜日

鉄製サイドアンカーベース

Filed under: ベース類 — webizumi @ 18:09:56

既存の鉄骨階段に、新たにコートシリーズの

支柱タイプの手すりを設置するための金具です。

しかし、階段の踏面とササラ桁の裏側へどちらも手が入らない状態だったため

ボルト・ナットでの挟み込みの固定が出来ませんでした。

そのため、階段のササラ桁部分に金具を溶接することになり、鉄の材質で製作しました。

s-DSCF0251

次ページへ »