イズミ株式会社

2017/7/4 火曜日

特注木スロープ

Filed under: その他 — webizumi @ 11:13:04

敷居の高さが17mmで幅が3500mmほどのところに木スロープを設置したいと相談を受け、
既製品の木スロープでは納まらないので特注品を製作しました。

長さが3500mmもあると木スロープが反ってしまうため、4分割にしました。

写真では分かりづらいですが、柱のところは切欠きを入れ現場に合わせて綺麗に納まるようにしました。

s-CIMG4354 (2)

2017/3/15 水曜日

特注入隅ソケット

Filed under: その他 — webizumi @ 15:51:15

玄関ポーチで扉の枠まで手すりを延ばしたいと相談を受けました。

木製手すりであれば、入隅に対応した「W35入隅ソケット」がありますが、屋外にはなかったので、製作することになりました。

 

s-002

s-001

2017/2/17 金曜日

特注ハイトアジャスタ

Filed under: その他 — webizumi @ 19:45:48

玄関アプローチで簡易スロープを使うことになったため、手すりの高さを高くしたいと相談を受けました。

支柱パイプが埋込みだったので、支柱を交換せずに高さを調整できるよう特注品を製作しました。

 

s-001

s-002

2017/1/16 月曜日

特注塩ビスペーサー

Filed under: その他 — webizumi @ 14:03:50

ブラケットを取付ける壁面に12mmの段差があったため、

壁からの出寸法を調整する必要がありました。

そこで、塩ビの丸棒を12mmに切断しスペーサーを製作しました。

無題

無題2

2016/8/19 金曜日

特注木スロープ

Filed under: その他 — webizumi @ 9:11:55

車イスで廊下から和室に入るため、ゴム製のスロープを使用していましたが、
スロープの幅が狭く車イスで出入りするのが困難とのことでした。

斜めからでも車イスで和室に入れるように、スロープの片側だけ斜めの勾配を広くした
木スロープをオーダーで製作しました。

s-IMG_1219

2016/1/16 土曜日

特注色替え

Filed under: その他 — webizumi @ 9:08:13

サニタリーシリーズの金具でフリーエンドベースはないかとのお問合せを受け、

 

屋外コートシリーズの金具をアイボリーに色替えをしました。

 

s-DSCF4613

フリーエンドベース以外でも色替えのできる金具がありますので、まずはお気軽にお問合せください。

 

2015/7/13 月曜日

特注クランチ頭部付接続金具

Filed under: その他 — webizumi @ 16:57:30

既存の手すりにコートシリーズの手すりを連結させたいという相談を受けました。

既存の手すりがφ37だったので、その手すりが入る

クランチの頭部を組込んだ接続金具を製作しました。

 

s-DSCF3877

 
 

s-IMG_0042

s-IMG_0373

2015/6/12 金曜日

特注ソケット

Filed under: その他 — webizumi @ 16:19:29

玄関ポーチにある柱の角に縦手すりを設置したいと相談を受けました。

 

s-コーナーソケット1

 

 

木製手すりであれば、柱の角に設置するW35コーナーソケット

ありますが屋外にはなかったので製作することになりました。

 

s-コーナーソケット4

2015/2/14 土曜日

特注クランチ頭部付ベース

Filed under: その他 — webizumi @ 13:24:31

壁からの手すりの出幅を110ミリにしたいというご希望でしたが

金具の寸法の関係で既製品では納まらないためクランチの頭部を組込んだ金具を製作しました。

s-①

以前にも同じ名前の特注品をご紹介したことがありましたが、

今回はベースの形状が丸くカバーが付いているタイプです。

s-②

このようにカバーが付かないタイプも製作できます。

s-③

2014/11/14 金曜日

コート直接ジョイント金具

Filed under: その他 — webizumi @ 17:27:08

特注品紹介の2014年8月にもご紹介しましたが
現場によっては金具の芯々の寸法を290ミリより短くしなくてはならないことがあります。

8月にご紹介した特注品は、パイプが少し見える寸法になりますが
金具と金具を直に連結する事が必要な場合もあります。

s-①

そんな時は特注品を利用することで可能になります。

s-②

金具に組み込むと写真のように金具のみが見える状態です。

金具の芯々の寸法は、162ミリとなります。

次ページへ »