イズミ株式会社

2018/6/7 木曜日

室内

Filed under: 室内 — webizumi @ 14:06:41

s-67

s-68

~東京都~

「真壁には柱と壁の散りがあります。その散りと補強板の厚みが合わないと、このように納めなくてはならなくなります。豊富な経験と工夫伺えますね。」     (イズミ) 

室内

Filed under: 室内 — webizumi @ 12:19:57

s-46

~愛知県~

「4枚引戸の前に手すりを付けるのは、現場の条件次第では難しい工事になることもありますね。」
(イズミ)
 

室内

Filed under: 室内 — webizumi @ 11:10:36

s-24

業者様のコメント   ~静岡県~

「柱が3本のうち、2本に直付けできない為、支柱立てと壁付けで納めました。
『家を建てた時にこだわったという丸柱をそのままにしてもらえた』とお客様に大変喜んでいただきました。」
 

「お客様の『想い』を尊重することの大切さが伝わってきますね。そして、経験と工夫が充分に活かされていることが伺えますね。」     (イズミ) 

2018/6/5 火曜日

室内

Filed under: 室内 — webizumi @ 14:56:18

s-20

s-21

s-22

s-23

業者様のコメント   ~栃木県~

「階段に既存の手すり(ステンレス製)が外回りで設置されていましたが、この度、階段内回りに木製手すりを設置しました。幅の広い階段ですが、階段の内側・外側を歩行しても危なくないと好評を頂きました。木造の階段で下地がないので、補強板W120厚20を使用し堅固に設置しました」 

「介護リフォームのように後付けの手すりは、壁下地の関係で、補強板を併用することが多くのケースで見られますね。」     (イズミ) 

室内

Filed under: 室内 — webizumi @ 14:37:29

s-15

s-16

業者様のコメント   ~千葉県~

「手すりを設置する前は頸椎手術後のリハビリとして、室内を2本の杖で移動していました。
手すりを付け、ドアから引き戸に変えた後は、利用者様の移動が楽になりました。
尚、壁には強度が無いと判断し、厚めの補強板を使って12箇所に手すりを付けました。」
 

「手すりを取付ける箇所の強度を調査し、対策することは、とても大切なことだと思います。」
(イズミ)
 

2017/5/17 水曜日

室内

Filed under: 室内 — webizumi @ 10:11:09

s-22

~石川県~

室内

Filed under: 室内 — webizumi @ 10:03:51

s-20

~石川県~

「和風の廊下にも違和感なく手すりが付けられていますね。」
(イズミ)   
 

2017/5/15 月曜日

室内

Filed under: 室内 — webizumi @ 11:55:25

s-施工前 151205 階段上
s-施工後151217 階段上

業者様のコメント  ~新潟県~

「階段のコーナー部は踏板が三角形になっているので、手すりの傾斜が一定にならないので
実際に何度も上り下りしながら妥協点を探り、動線に沿って角度を変えながら付けました。
これまでやった階段の中で最も時間のかかった現場でした。
彫りの深いグリップ手すり棒は他社にない本当に良い部材だと思います。」  
 

「階段に限らず、介護リフォームで付ける手すりは、現場ごとに違うので、
その都度の工夫が求められますから、経験が多いほど、応用も効かせられますね。
尚、【グリップ木棒】の評価をいただきまして、ありがとうございます。
階段手すりのように【握った時の滑りにくさ】が求められる時には、グリップ木棒はとても効果的です。」
(イズミ)   
 

室内

Filed under: 室内 — webizumi @ 11:24:38

s-1

~新潟県~

室内

Filed under: 室内 — webizumi @ 11:23:20

s-IMG_3308

s-IMG_3469

業者様のコメント  ~富山県~

「3段の急な階段を5段に変更し、段差を緩和しました。
更に両側に手すりを設置したことで、しっかりと手すりを握って昇降できるようになりました。」   

「環境をわずかに変えるだけでも利用者様にとっては、
とても大きな効果があるのが、介護リフォームなのでしょうね。」
(イズミ)

 

次ページへ »