イズミ株式会社

2013/4/17 水曜日

屋外

Filed under: 屋外 — webizumi @ 10:33:42

103.JPG

    

業者様のコメント   〜埼玉県〜

       

「玄関ポーチ磨き柱からの横手すりは、エンドソケットを付けるために平に彫り込まなければならなく面倒でした。今まで付いていたのがステンレス製の手すりだったので『冷たくなくて良かった』と喜ばれてます。」

    

    

「柱に限らず、取付け面を加工して金具を付けるというのは、手間がかかる作業ですから大変ですよね。しかし苦労した分、施主様からの一言は嬉しいですね。」     (イズミ)

   

 

屋外

Filed under: 屋外 — webizumi @ 10:32:23

100.jpg

     

業者様のコメント   〜三重県〜

       

「石に穴をあけるのが大変でした。『階段が長く登り降りが大変だったけどこれで楽になった』と
おっしゃっていました。」

  

  

「施工時に苦労された分、施主様からこのようなお声をいただくと、喜びも倍増しますね。」

(イズミ)

  

  

 

屋外

Filed under: 屋外 — webizumi @ 10:31:18

88.jpg

      

〜福岡県〜

     

「植栽に沿って支柱を埋め込みながら設置されています。」     (イズミ)

   

  

 

室内

Filed under: 室内 — webizumi @ 10:29:16

116.jpg

    

〜埼玉県〜

      

「グリップ木棒を縦の部分に使うと、『滑りにくい』という、商品の特長を十分に活かすことができます。」     (イズミ)

  

  

 

屋外

Filed under: 屋外 — webizumi @ 10:28:19

77.jpg

78.jpg

79.JPG

   

業者様のコメント   〜神奈川県〜

      

「デイサービスへの送迎時のご本人と介助者のサポートとして設置させて頂きました。
フラつきが原因で転倒をしたことにより、歩行に不安を感じてられていましたが、手すりを取付けてからは、安心して家の外周散歩もできるようになり、ご満足いただけました。」

   

   

「かなり長いコンクリート製のスロープと手すりの組合せですね。【C35サイドアンカーベース20】を使ってスロープの幅を少しでも広く取っている箇所もあります。大きな切株も写っていますが、今回の工事で切ったのでしょうか?」   (イズミ)

  

  

 

はね上げ

Filed under: はね上げ — webizumi @ 10:25:47

131.jpg

132.JPG

133.jpg

   

業者様のコメント   〜神奈川県〜

         

「高齢者のため、色々と数多くの手すりを付けてきました。中でも階段廊下の2段手すりのはね上げ式は苦労しました。」

    

   

【W35はね上げ屈曲対面】 、【上部受】 、【チャッキング】 と【W35はね上げ柱付受部】の組合せで納められています。施工時の苦労が伺えます。」     (イズミ)

  

室内

Filed under: 室内 — webizumi @ 10:23:42

117.jpg

     

〜埼玉県〜

屋外

Filed under: 屋外 — webizumi @ 10:21:14

66.jpg

   

〜東京都〜

     

「ブラウンの外壁と手すりが見事にマッチしていて、最初からコーディネイトされていたようですね。」

(イズミ)

  

  

 

屋外

Filed under: 屋外 — webizumi @ 10:19:49

30.JPG

31.jpg

    

業者様のコメント   〜静岡県〜

     

【C35サイドアンカーベース60】を目隠しパネルに取付けるために板(塗装済み木製板)をかませてボルト・ナットで締め付けて固定しました。」

     

    

「現場によって施工条件は常に違うので、この様に現場で応用を効かすなど柔軟な対応がポイントですよね。経験の豊富さが伺えますね。」     (イズミ)

   

   

 

はね上げ

Filed under: はね上げ — webizumi @ 10:12:47

98.JPG

    

業者様のコメント   〜兵庫県〜

      

「貴社の商品は、組立てやすく、丈夫でエンドユーザーからも好評です。特に、はね上げ手すりがとても便利です。」

   

  

「お褒めの言葉をいただき、大変恐縮です。」     (イズミ)

  

  

 

次ページへ »